映画、結局何本見たの?

懸賞 2009年 01月 16日 懸賞

128本目は「かもめ食堂」。すきだなあ、この映画。

129本目は「サイドウエイ」。改めてみて、男友達ってこんなにひどいもんかなと思ったけど、
やっぱりおもしろかった!

130本目は「シャイン・ア・ライト」。ミック・ジャガーが若すぎ!
ストーンズは生きる伝説ですね、こうなると。すごすぎる映像に感動!

131本目は「252 生存者あり」。最後の20分がくどい。
あれがなければよかったのに・・・

132本目は「007 慰めの報酬」。早すぎる展開についていけません。

133本目は「ディザスター・ムービー」。これはかなり笑えましたが、2008年にしっかり映画をみてないと笑えないでしょう・・・

134本目は「誰も守ってくれない」。鋭いところをついてきましたね!
君塚監督、前作よりずっといい、というか「レオン」」みたい。

135本目、「赤い糸」。いや~、ストーリーの展開が・・・。
こんな高校生活、つらすぎだ~。

136本目は「ピューと吹く!ジャガー/今、ふきに行きます」。
はい、フロッグマン監督のフラッシュムービー。つっこみが多彩で笑います。

137本目は「感染列島」。途中までめちゃおもしろかったのに、エンディングがあっけなかった・・・

138本目は「K-20」。どっかで見た映画を全部一緒にした娯楽大作。
「D-WARS」のアクション版ですな、これ。

139本目は「ディナーラッシュ」。いかにもニューヨークのレストランらしくておもしろい。地下は戦争だね、ほんと。

140本目は「40歳問題」。この映画を作ったことが、まず問題です!
ケミストリーは起きず、40歳ならではの大人の協調性が起きてしまった。

141本目は「ヘルボーイ:ゴールデン・アーミー」。アメコミのアクション映画なのに、なんかゆるいのが面白い。私のテイストではないけど、こけおどしじゃないのがよい。

142本目は「トミカヒーロー レスキューフォース」。はい、同時上映の短編「トミカグランプリ」が面白い!アーケード商店街をモナコグランプリばりにつっぱしるのだ~
本編もあきさせません!

143本目は「ジョンQ最後の決断」。DVDで見直して、改めてサブプライム問題の話だったと実感。会社に勝手にパートにされ、医療保険を勝手に変えられ、なんか今の情勢とぴったりの話でした。

144本目は、「ラスト・キング・オブ・スコットランド」。DVDです。これも怖かった!アミン大統領の裏っていうか、フィクションなんですけど実話みたい・・・。

145本目は「Xメン ファイナル・ディシジョン」。DVDです。こんな話だったのね~。
大人向けハリーポッターでした。

146本目は「マンマ・ミーア」。正直50代でABBA世代ですが、つまらん。
娘を嫁にだすお母さん世代に向けてるんでしょうが、なんともなあ・・・。
ピアース・ブロスナンが、どうしようもなくだめだ。

147本目は「レボリューショナリー・ロード」。これは素晴らしかった!演劇の要素も多かったけど「タイタニック」コンビが二人とも素晴らしく成長しているのがよかった~

148本目は「少年メリケンサック」。こういう話はかなりすきですけど「デトロイト・メタル・シティ」と比較してしまい、「DMC」のほうが面白かったので、くるしい・・・。

149本目は「チェンジリング」。アンジェリーナ・ジョリー、大熱演。でも美しすぎました・・

150本目は「ディファイアンス」。ナチ時代のドイツの山奥で過ごすユダヤ人コミューンの話ですが、
絶対に戦争はいやだな、と思います。

151本目は「THE WHO アメイジング・ジャーニー」。普通のドキュメンタリーだったけど、
THE WHOの歴史をこうやってみると、面白かった!
ヒットを点でしかとらえてなかったからね~。

2008年は151本見たってことですね~。
見たくても見れなかった映画も数多くあり、残念だけど、今の仕事量からいくと限界かな?
またDVDでカバーします・・・。
[PR]

by keme10 | 2009-01-16 21:09 | 映画

<< 2009年4月の話題   107本目は「アメリカン・ティーン」 >>