映画「俺たちフィギュアスケーター」@シルバー劇場

懸賞 2008年 02月 25日 懸賞

すごい、平日の昼なのに、8割以上入っている!
と思ったら、木曜日で、レディースデーだった。
道理で大人1000円だったわけだ(あとで気づく)

私の大好きなベン・スティラー監督の新作、やっと名古屋でもやってくれて、試写もないので、劇場で見させていただきました!

いや~、相変わらずくだらなくて、最高です!
男子フィギュアにいかにもいそうなジョン・へダーは孔雀のカッコって、それだけですでにオネエマン!
対するマッチョのウィル・フェレル。こういうフィギュアスケーターは見たことないな~(苦笑)
これがペア組むハメになるんだから、笑うしかないよね~。
「スキー・ジャンプ・ペア」よりか、リアリティがある分、本当にありそうなのが、こわい。

酒によってゲロするのは、映画「大逆転」のダン・アクロイドのサンタクロースをほうふつとさせるし、悪役のペア双子兄妹も、いかにも意地悪兄弟らしくていいな~。

あのスコット・ハミルトンや、ドロシー・ハミル、超懐かしい!
ナンシー・ケリガンやサーシャ・コーエンが登場のほか、佐藤有香もスタントでているのにびっくり。

もっとびっくりしたのが、映画の中の記者会見で、ジョン・へダーが日本語しゃべるんですが、町山智浩さんの情報によると、日本にいたことがあるそうで、本当にしゃべれるんですって!
「バス男」も、そのラインで決まったのか?!

映画は大ヒットだそうですが、なんといってもタイトルが秀逸!
(原題は、「BLADES OF GLORY(栄光の刃)」)

「俺たち」と「フィギュア・スケーター」の言葉のドッキングは、すごい!
これだけで見に行きたくなりますよね!
日本スタッフ、さすがです。
[PR]

by keme10 | 2008-02-25 18:43 | 映画

<< 映画「ジャンパー」試写   山Pと映画「アニー・リーボヴィッツ」 >>