101本目からまた続く

懸賞 2008年 09月 22日 懸賞

はい、実はDVDも入ってるので、ここからちょっとDVD。

101本目は「プロジェクトA」。ジャッキー・チェン、今の3倍は早く動いてました!
やっぱりおもしろいわ!今見てもすごすぎです!

102本目は、「リーサル・ウエポン3」。ダニー・グローバーが、「僕らのミライに逆回転」にも出ているので、どうもかぶって笑ってしまう。いや、いい映画だ!
スタッフロールの終わった最後の最後にオチがあるのも、最高!
103本目は、「モンスターズ・インク」。これもおもしろいね!エンドロールのアニメのNG集ってすごすぎです。

104本目は「ハッピーダーツ」。辺見えみりちゃんが、ダーツにはまっていく物語。
初の映画主演ということで、コミカルな演技も頑張ってましたが、脚本、もうひとひねり?
恋愛の着地地点が、あやふやです。
森泉ちゃんのさばさば具合も、絵になるね~。
ファイナルの試合が2回もあるのが、ちょっとよくわかんなかった・・・

105本目は「容疑者Xの献身」。小説そのまんま、でしたね。
福山雅治も、柴咲コウもそれほどでしゃばっておらず、堤真一と松雪泰子が素晴らしい!
二人とも今年は「クライマーズハイ」や「DMC」など、頑張ってますね。すごい。

106本目は「ウォーリー」。いや~、胸がキュンキュン、頑張って泣かなかったけど、ロボットに感情移入しまくりですよ。
廃棄物コンプレッサー・ロボットなのに、なんでこんなに夢中にさせてくれるの?
ETより好きになりそう!
けなげで、かわいくて。
これはあざとすぎる(苦笑)
それにしても、まるで実写のような地上の映像に、ほんとびっくりでした!
これはヒットするだろうな~。
ポニョよりか、ほるかにわかりやすい。
[PR]

by keme10 | 2008-09-22 00:01 | 映画

<< 107本目は「アメリカン・ティーン」   夏もひたすら映画三昧 >>