カテゴリ:旅行( 7 )

懸賞 懸賞

小牧城の石垣

懸賞 2016年 01月 20日 懸賞

見つかったのは2015年だったのね。日本最古の城の石垣なんですね。
全く知らなくて去年お城に登ってました。
今日初めて知って、びっくり!
[PR]

by keme10 | 2016-01-20 22:09 | 旅行

屋久島行ってきました♪

懸賞 2009年 08月 19日 懸賞

16日から、屋久島に2泊3日で行ってきたよ!

b0086377_9182217.jpg


鹿児島まで飛行機。鹿児島の黎明館を見学後、
お昼は、元鹿児島県庁だったという石造りの立派な洋館の2階にある「華連Jr.」で「
黒豚しゃぶしゃぶ鍋&麺」1300円をいただきました。

安い、うまい、野菜も肉もたっぷりで、鍋だけでもおなかいっぱいなのに、
シメのラーメンは豚骨風スープもついてるし、
ご飯とおしんこ、食後のコーヒーまでついている!
これで1300円はお値打ちです。
ごはん残しました(すみません)


b0086377_919535.jpg


そしてトッピーで屋久島へ!
全然揺れないのでびっくりです。船のジェット機なんですね。
こういう船があるのもしりませんでした(汗)

屋久島は、海のそばに大きな森、そして高い山があるのが、
なんといっても魅力的!

道から見える景色は広々ではないのですが、
そうはいっても原生林のうねうねが素晴らしい!

b0086377_920986.jpg


お泊りは「いわさきホテル」。
ここの夕方からのレストランの山側の景色は、すばらしいです!
モッチョム岳のきれいなこと!
稜線がすばらしい!

b0086377_9205546.jpg


はい、そして縄文杉にも会ってきました。
朝3時40分起床。
4時15分にホテルを出て、自然博物館に4時45分到着。
5時のシャトルバスに乗って、5時35分に登山口到着。

そして5時40分に登山口からトロッコ道を出発。
トロッコ道2時間。これはゆるやかでいいんですが、
枕木が結構飽きる。
でも鹿がでてきたり、おもしろいです。

b0086377_9212615.jpg


で、そこから急激な登り2時間!

マジかよ~と思いつつ、でもなんだか段々足取りが軽くなるのが不思議!
やっぱり森の力?
真夏なのに涼しいし、あんまり疲れないんです。

途中の大きな杉ごとに休憩したり。

b0086377_9225069.jpg


そうは行ってもだんだん疲れたころに、急激な階段!
先に到着した人が「ヤッタ~」と叫んでいるので、
元気がでます。
9時40分、縄文杉に出会います。
片道4時間か~。
でもそれだけの価値がありそう!
とにかく大きいのだ!

b0086377_9221085.jpg



帰りはひざがちょいつらいけど、やっぱり楽。
2時間降りて、昼食をとって、トロッコ道。
帰りのトロッコ道はつらかった・・・。
雨もふってきたしね。

最後は本当にトロッコがやってきて、
轢かれそうになりました。
山で働く人たち、5人ぐらい乗ってた。
乗せてもらいたかった・・・。

帰りは昼食もとったし、休憩もだいぶしたので、4時間半。
2時半のバスで戻りましたが、
バスをおりたら、ひざが曲がったまま固まってしまい、一瞬歩きづらかった。
足がくがく。
ゆったり露天風呂に入って、ビール飲んで、うまいきびなごたべたら
8時くらいには寝ちゃいました。



最終日は和田浜で海水浴!
だれもいない真っ白な砂浜、1キロ独り占め!
朝から泳いじゃいました!
岩場にはサカナもいっぱいいて、気持ちよかった!

b0086377_9241236.jpg


西部林道には、たくさんサルや鹿がいて、道路をさえぎってるし、
なんだか日光いろは坂?みたいなところものんびりしてていいね~。

b0086377_925832.jpg


サルと鹿をながめたり、灯台にもよって、
温泉入って、お昼は「屋久どん」で、地魚の南蛮定食。
トビウオのカラアゲも食べたよ!

うとうとしつつ、13時30分のトッピーで、鹿児島へ!
白熊たべて、足マッサージに行って、
空港から帰りました。

う~んなんて充実!
[PR]

by keme10 | 2009-08-19 15:35 | 旅行

パリ旅行2006 その5

懸賞 2006年 06月 23日 懸賞

さあ、帰る日だ。朝11時15分までに空港に行かなくてはならないのだが、
朝からまたおでかけ。
実は今回はパリのはずれのビジネスホテル「カンパニール・バニョレ」に泊まった。
安いし、広いし、バスもあるし、地下鉄の駅の上なので、意外と便利。
なんといっても隣がショッピングモールなのが、とても便利だった。

朝は、まずはバニョレの町を散歩。郊外なのでパリと違って一軒家がある。
広場ではこの日お祭りということで、朝8時から通行止め。移動遊園地もやってきた。
b0086377_22372550.jpg

これは図書館。
b0086377_22381661.jpg

上にモダンなライトがいっぱいあって、これが実に良い。
町にもレトロモダンな建物がいっぱいあり、映画「ぼくのおじさん」みたいですご~くよいのだ。
b0086377_2239568.jpg


b0086377_22405476.jpg

不思議なアート作品もある。ニューヨークみたいね。

b0086377_22422715.jpg

落書き風ディスプレイなんだけど、おじさんが一生懸命上の文字とかをスプレーで書いていた。
URLの落書きは初めてだなあ。よかったらのぞいてみてはいかが?

そうこうしているうちに8時もとっくにすぎ、スーパーもオープンしたので、最後の買出し。
ファアグラのパテにチーズ、クスクスなど重いものばっかり買うのは、なさけない。
で、雑誌コーナー!!
実はここが一番充実してました。刺繍雑誌も6誌ほど購入。
b0086377_22462068.jpg

数独、カックロだけでこんなにあるんだぞ!漫画コーナーは日本の本屋並み!
スーパーなのに。
b0086377_22471164.jpg

雑誌コーナーだけでこんなに広いスーパーなのだった・・・。


さて、10時半になったので、タクシーで空港へ。
帰りはエールフランスで、777型機の最新鋭。
でも前の席とのピッチが狭い。
個人用にモニターはあって、デザインも設備は充実しているけど、なにか使いづらいかんじ。

帰りは寝る、だね。
空からもフランスは美しい。
b0086377_22503944.jpg

[PR]

by keme10 | 2006-06-23 22:52 | 旅行

パリ旅行2006 その4

懸賞 2006年 06月 23日 懸賞

3日目。よく考えたら人気スポットに入ってないなということで、シャンゼリゼへ。
マカロンで有名な高級パン&お菓子の「ラドュレ」は、朝7時半から喫茶店がオープンしているので、早速朝イチでおでかけ。名古屋式モーニング?
b0086377_21583782.jpg

地下鉄には誰もネクタイした人がいないのに、ゴージャスな店内ではスーツを着た人がカフェを飲んでました。
ミニマカロン24個入り30ユーロのボックスを思わず買ってしまう。高すぎー。
他の店の倍の値段。
個人的には安いダロワイヨとかのほうがおいしいと思った・・。
日本では、ダロワイヨもかなり高級だけどね~。
ついでにルイヴィトンの新しいメゾンも撮影。
b0086377_2203520.jpg

店内に竹が生えてます。

シャンゼリゼは、初めて行ったときは感激したけど、名古屋の広い道路をみなれているせいか、今ひとつ感激しなかった・・・。やっぱり経験をつむといかんねえ。
b0086377_2231791.jpg


それから一気にバスチーユ広場へ移動。
b0086377_22114491.jpg

最近クリエイターが多いそうで、ロケット通りは若者の溜まり場だけど、それ以外は結構イイカンジ。
b0086377_22163082.jpg

b0086377_22144739.jpg

高架下のお店はいろいろありましたが、刺繍屋以外ははいりづらいか?
中がCDケースになっている昔風革の本とかは面白いなと思ってみていた。
b0086377_22153350.jpg

戻ってオデオンからサンジェルマンへ。

やっぱり華やかでいいですね。パリの青山ってかんじ?
昼間なのに、なんでどこのカフェも老若男女が座ってお茶しているのか、みんな仕事してないな~。ネクタイもしてないし。女の子はみんなキャミソールだし。
市場もあるし、クレープやもいっぱいあるし、買い物天国だし、いいところだ。

しかし時間がない。私のもっとも好きなオルセー美術館は、2回行ったから今回はパスすることにする。今年改装オープンしたオランジュリー美術館も、昔行ったことがあるから、パス。
また今度来よう。

午後は、オペラに戻って、「コレット」にも行ったけど、いいなと思うものが日本ものばかりで悲しい。ちょっといいなと思ったトートバッグがAPEのだったり、日本製10ミリ方眼レポート用紙が1000円近くしていたり、日本ブームだねえ。
ジミー・チューのサンダルが欲しかったがやめた。
近所の雑貨屋さんで、食器をかってごまかす。
マドレーヌもヴァンドーム界隈も、いまいち雑然としていて、昔ほど感激しないなあ・・・。

そういえば、日本ブームはすごいね。フナックや普通の本屋で漫画コーナーはとても大きいし、数独はものすごく浸透していて、地下鉄で朝新聞の数独やっている奴をたくさんみた。
ただテレビでは、昔はよく「ハイジ」とか日本のアニメをやっていたのに、今はぜんぜんやってない。日本のアニメ風フランスアニメみたいなのが流れていた。

夜はオペラ座の前で待ち合わせをして、フレンチのレストランへ。
みんなあまり飲まないので、私もワインを控えめにしてしまう。
夜11時くらいに地下鉄で帰る。
地下鉄も20回以上乗ると、かなりわかるようになる・・・。
[PR]

by keme10 | 2006-06-23 22:28 | 旅行

パリ旅行2006 その3

懸賞 2006年 06月 23日 懸賞

ところでルーブル美術館といえば、映画「ダ・ヴィンチ・コード」でしょうねえ。
地下のショッピング街のホールに、あの映画のクライマックスで出てくる場所があって、ここでみんな撮影してました。
気分はトム・ハンクスか、オドレィ・トトゥ?
b0086377_21221993.jpg

この日はオペラ周辺の刺繍屋さんや、手芸屋さんめぐりで午後を過ごし、夜はベルヴィルのベトナム人街でフォーを食べたりしました・・・。

次の日、デパートは朝9時半にオープンすることを思い出し、ボン・マルシェへ。
本館も別館の食料品売り場もとってもきれいになって、大好きです。
b0086377_2127229.jpg

ここの食料品売り場には、無料のカタログがあるのですが、これも超かわいい!
b0086377_21281371.jpg


店内の撮影はできませんでした。ごめん。
それからサンジェルマン、シテ島&サンルイ島を経て、マレ地区へ。
一番いいところね~。
こんなにいろんなお店があって、つぶれないのかというくらい、かわいいものばかりです。
お昼はクスクスにしました。
b0086377_2131819.jpg

肝心のスープが写っていない!
b0086377_21314726.jpg

これで1人前はおおすぎだよね~。
おなかいっぱいになって、ノートルダム教会のきれいなバラ庭園をみながら、サンルイ島へ。
ここも雑貨の宝庫で、1軒1軒みるだけで楽しいです。
ただ期待していた南フランス雑貨の店はたいしたことがなかった・・。
歩きながらミニマカロンとか、タルトとか、買い食い。

それからぐぐっと北へ。マレ地区は、紙専門の通りとか、いろいろあって面白い。
フラン・ブルジョア通りは、道は狭いけど、かわいいお店がずらっとあります。
カルナヴァレ博物館は無料で入れるので、中のバラ庭園でお休みしました。
b0086377_2144351.jpg


それからピカソ博物館へ。
実は私はピカソが大好きで、ちょっと楽しみでした。
そして期待を裏切らない内容で大満足。
b0086377_21374127.jpg

17世紀のお屋敷に現代のピカソがよく合います。
b0086377_2140433.jpg
b0086377_21402677.jpg

子供たちも大きな本物のピカソの絵を前に、先生にむかっていろんな意見をいってたのがかわいかった。フランスの子供は、どのコもイキイキして、超かわいい。地下鉄通学の子供も多いのか、やたらどこにでもいました。

疲れて、中庭で休憩。ココから見るパリの裏側もいい風景です。
ニューヨーク近代美術館とおなじ、黒ヤギくんもいましたよ。

夜はバスチーユ界隈へ。
ロケット通りは、狭い道ながらぎっしりとバーや安いレストランが続いていて、若者の町。
間にクラブ用の衣装とか、安い雑貨の店がぎっしり。
バーはどこもみんなテレビでサッカー観戦で超満員でした。
[PR]

by keme10 | 2006-06-23 21:49 | 旅行

パリ旅行2006 その2

懸賞 2006年 06月 23日 懸賞

パリ到着。なんと梅雨の日本より蒸し暑かった。
大きな入道雲と雷、ついたら、夕立が上がったあとだったからかな~。

パリは3回目なので、懐かしいというイメージが強い。
でも郊外に、IKEAなど大型店がいろいろできていて、昔の畑ばっかりのイメージとはだいぶ違っていた。
サッカーが時差なく見られるのが超うれしい。
さっそく夜はブラジル対クロアチア戦をバーで観戦。
日本はなさけない負け方をした直後だけに、ブラジルの強さがしみる~。

翌日、予想通り早朝から目が覚めてしまう。
しょうがないので、9時半からオープンするエッフェル塔に昇る。

ラッシュの地下鉄は、ネクタイをしたスーツの人は、まるでいない。
そういう人はタクシーでおでかけ?
さらにOLさんの7割がビーチサンダルなのに驚く!
いいのか、そんなつっかけみたいなサンダルで。
さらに携帯電話を平気でみんな地下鉄内で電話するのにびっくり。
つながるのもびっくりだ。
でも着信は昔ながらの単音しか聞こえない。
なんにしても香水がみんなすごくて、パリらしいね~。
b0086377_1452092.jpg

4つの足から斜めに上がるエレベータ。実は今回初めて上ります。
前回はモンパルナスタワーに上って、エッフェル塔の写真を撮ったんだわ~。

アサイチだとまだすいてるもんね~。
屋上からのパリの景色は最高です。
b0086377_1473771.jpg

凱旋門が左上に見えます。

そのあとルーブル美術館もオープンした時間になったころだし、出かけました。
b0086377_149718.jpg

この春から、「カルトミュゼ」のかわりに「ミュージアム・パス」という、美術館が回れるパスが発売されて、2日用とか4日用になったそうだ。
でも、それほどチケット買うのも混んでなかったんで、普通にチケット買ってしまいました。
ジャンレノが解説する「ダ・ビンチ・コードの舞台裏」という解説ガイドもありましたが、別にそこまで聞きたくもなかったので、パス。番組では紹介したのにね~。

ルーブル内部は混んでました・・。
ミロのビーナスが一番混んでたかな? クーラーがないので暑い。
「モナリザ」は、前に見たときよりずいぶん見やすい位置におかれていて、ゆっくり鑑賞できました。
撮影禁止なのに、みんなフラッシュたいてばしゃばしゃ写真とってるのに驚いた。
b0086377_1554496.jpg
b0086377_156435.jpg

私は、むしろ紀元前100年くらいにできたという小さな天使の彫刻がかわいかった。
絵画は写真がとれないので、ごめんなさいだけど、有名な絵ばっかりで、おなかいっぱいになります。
[PR]

by keme10 | 2006-06-23 02:02 | 旅行

パリ旅行2006

懸賞 2006年 06月 23日 懸賞

6月13日から18日までパリに行ってきました。

刺繍の話はホームページに掲載しようと思っていますが、それ以外の話はここで書こうかな・・。
せっかくなのでね~。


実は関空発、韓国インチョン空港経由パリという、えらい遠回りな旅行でしたが、結構楽しかったです。
大韓航空のお姉さんは頭にぴんと鋭い細いリボンをつけているのがかわいい。
b0086377_1304674.jpg

インチョン空港は初めてで、前のキンポ空港よりずっと広くてきれいなのに感動。
免税店がやたら多いと、韓国料理のレストランが2軒ほどあるのがうれしかった。

b0086377_133495.jpg

機内食をパスしてでも、ここはソルロンタンに挑戦。
白い牛肉ヌードルスープに、塩とご飯をいれて、キムチでちょっと辛くして食べるのが超おいしい。
4種類のキムチもついて、ご機嫌でした。


が、パリ行きの大韓航空に乗ってびっくりしたのが、機内食が洋食かピビンパッ(これが多少正確な発音)をチョイスになっていたこと。

b0086377_1314492.jpg

昔「カルビにしますか、ロースにしますか?」というギャグがあったし、大韓航空でニューヨークにも行ったことがあるけど、ピビンバッは初めて!!
でもおなかがいっぱいでご飯はほとんど残してしまいました。残念。
歯磨きチューブのような焼きコチジャンの容器がかわいいね。
[PR]

by keme10 | 2006-06-23 01:35 | 旅行