<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

料理バトン

懸賞 2006年 05月 01日 懸賞

料理バトン が回ってきた。
考えようと思っていたけど、全然考えられなかったので、
今、思いついたところで、書いちゃおう!

Q1.あなたにとって、おふくろの味とは?

おにぎりとか、出し巻き卵とか、炊き込みご飯とか、煮物とかいろいろあってね。どれも語っちゃうなあ。

変わったところでは、スパゲティ・ミートソースやミートパイ。
小学生のころ土曜日のお昼、学校から帰ってくると、よく作ってくれた。(お好み焼と交互かな?)

たまねぎとひき肉をいためてトマトソースで煮込んで、
パスタにかければミートソース。
吉本新喜劇を見ながら食べた。

パイ生地も、もちろん手作りで、焼けたらとってもいい香りがして、これも好きだったなあ。
なにせハンバーガーもピザもない時代でしたから、超魅力的!


Q2.得意な料理は何ですか?

なんでも作っちゃうけど、得意というわけでもないな~。
気力・体力の充実していたころは、レバーのパテとかテリーヌとか、調理に時間がかかるようなものでも平気で作っていたけど、最近は作らないなあ。
買ってきたほうが楽だもん(苦笑)

年取ってきたので、あっさりした酒の肴っぽいものばかり作ってます。

Q3.苦手な料理は何ですか?

見栄えのきれいな料理。

ニンジンのシャトーとか、
きれいに面取りされた、煮崩れのないサトイモやカボチャの煮物とか。
そういうきれいなものは、まったく作れません。

Q4.一番最近作った料理は?

最近ちゃんと作っておいしいと思ったのは、たけのこと春ワカメのグラタン。ちゃんとバターを使った手作りのホワイトソースと、チーズとパン粉をかけて、オーブンで焼く。
カロリー控えめで、たけのこの香りがばつぐんです。


Q5.料理に目覚めたきっかけは?

私の子供のころは、インスタント食品なんかラーメンと粉ジュースくらいしかなかったので、なんでも自分で作りましたね~。
小学生のころはスクランブルエッグかけご飯とか(今も好き)、
たこ焼きにも凝っていたし(しょうがが好き)、
中学はお菓子でしょ~(笑)

実際には、18歳で一人暮らしとなって自炊生活してからかな。

あと、ニューヨーク滞在中、各国料理のおいしさに触れてから、一気に世界の料理に目覚めました。
あんまりおいしかったので、韓国料理やタイ料理はもちろん、中近東、モロッコ料理なども、自分でも作るようになった。


Q6.料理に関して「この人にはかなわない」と思った人がいればどうぞ。

やっぱりアイデア的にすごいのは、平野レミさんかな?
インタビューしたときは、ちょっとひいたけど、
それでもやはりすごいです。

枝元なほみさんも好き。


Q7.うまくなりたい料理は?

きちんと作る会席料理。繊細な和食が下手なので。

Q8.思い出の料理があればどうぞ。

ニューヨークでたべた、キューバンチャイニーズや、
カリブ料理。
甘くないバナナの揚げ物とか、それをマッシュしたものとか、
世界にはいろいろあるなあと思った。

でもなんといっても強烈だったのが、アメリカ人の友達の家にいって、羊の巨大ステーキにポマードみたいなグリーンで甘いミントソースをたっぷり縫って食べる料理。
羊は嫌いではないけど、ミントソースが無理で、ソースをよけながら食べたけど、4分の1でギブアップでした。

Q9.一番最近作ってもらった料理は?

居酒屋「亀」の手作りポークカレー。600円。
よく煮込んであっておいしかった。
[PR]

by keme10 | 2006-05-01 20:55